33歳 配達時間が相手の忙しい時間帯でないことに、気をつかいます。

以前、秘書の仕事をしていたことがあるので、上司の指示のもと開店・開業・独立等のお祝いを送ったことが多々ありました。

 

送る品の殆どが、贔屓にしている生花店の白い胡蝶蘭にしており、金額はおよそ1万円でした。

 

到着は開店・開業・独立等の初日の午前中に指定し、配達完了の連絡を入れてもらうサービスがあったので、安心して注文することができました。

 

初めて発注した時は、もう少し予算が高い華やかなものでもいいのではないかと思いましたが、初日は多くの白い胡蝶蘭が届くことを想像すると、送る品は目立ちすぎても貧相でもいけなく、また、送られた相手に気を使わせないものであることを重視すべきだと感じました。

 

1万円ほどの白い胡蝶蘭は単体では品があり、また、同じような集団のなかでもいい意味で凡庸な存在感があるので、開店・開業・独立等のお祝いの品としてベストなのだと今では思っています。

 

私自身が個人的に開店・開業・独立等のお祝いを送る機会には恵まれていませんが、そういった機会が訪れたら、やはり1万円ほどの白い胡蝶蘭をお送りします。

胡蝶蘭を送る時は、時間指定できるか!

秘書をしていた時の経験から、胡蝶蘭を送る際に重視していた時間指定で送ることができるかについて最初に確認します。

 

また、開店・開業・独立等の初日に急に送ることもあったので、即日配達が可否についても業者を選択する上で外せないポイントです。

 

それらの条件をクリアした上で、予算1万円の白い胡蝶蘭を比較して発注する業者を決めると思いますが、積極的に通販業者を使用する考えはありません。

 

というのも、通販業者、殊に初めて利用するところだと、その通販業者のクオリティやサービスに心配があるからです。

 

クオリティについては確認するにも、パソコン等のモニター越しですし、あまりよくわからないと思います。

 

次にサービス面ですが、対面してでのやりとりではないので全面的に信頼してお願いすることが難しいと感じ、不足の事態が起きた時に安心して任せることができるか疑問です。

 

開店・開業・独立等という晴れの日に、お祝いの品を送られる相手に迷惑をかけたくありません。

 

したがって、通販で胡蝶蘭を送るのはあまり積極的に考えていません。

 

>>胡蝶蘭ギフト通販.bizのトップページを見る