35歳 気持ちが明るく前向きになるようなカラーの物

若いころは会社同士のつながりで開店や開業、独立のお祝いを送ることがありました。

 

でもその内容については自分の意見というよりは上司に言われたものを注文するだけの作業だったので形式だけのものだったように感じます。

 

そして私も年齢を重ねるにつれ、友人や知り合いがお店を持つことになったとか、起業したとかそんな話をよく耳にするようになりました。

 

そんな時は仲にもよりますが、知った以上は応援したい、お祝いしたいとお祝いを送るようにしています。

 

お店の開店日が分かっている場合にはその日に合わせてメッセージカードを添えたお花を送ることが多いです。

 

外からいらっしゃるお客様にも開店を喜ばれているお店とわかることはよいと思いますし、開店を華やかにできると思うからです。

 

もちろんそのまま飾ることができるようになっているタイプのものをチョイスしています。

 

そのほかお祝いとして現金を贈ることもあります。

 

相手の方はそれで喜んでくれるといいなと思っていますがいつも不安になります。

私も独立祝は、胡蝶蘭が定番

開店や開業、独立のお祝いの花として有名なものに胡蝶蘭があり、私もよく利用します。

 

胡蝶蘭には新しい門出にぴったりな幸福が舞い込むという花言葉があり、素敵だなと思っています。

 

胡蝶蘭選びに迷うことは、実際の店舗でも扱いがあるところはあるけれど、その種類やサイズはあまり多くないというところです。

 

かといって胡蝶蘭の専門店はどこにあるのかわかりませんし、あったとしてもきっと私の生活圏からは離れてしまっているように思います。

 

そこでいつも気になっているのは通販です。

 

様々なサイズ、価格帯、種類と内容が豊富でいいなと感じるものがたくさんあります。

 

しかし、通販は直接知っているお店ではないですし、自分が使うものであれば多少の不備も目をつぶることができますし、次回からは利用しないと決めればよいことですが、お祝いとして贈るとなると何か手違いや失礼があっては困るというところが本音で多少予算オーバーをしてしまったり、自分のイメージと違うと感じるところがあっても妥協して知っているお店や信頼できそうと感じるお店に依頼してしまうのが現状です。

 

>>胡蝶蘭ギフト通販.bizのトップページを見る